安定的な種苗供給を実現するラナンキュラス塊根の効率的なウイルスフリー化並びに保存方法の確立 2ラナンキュラス塊根の長期保存方法の確立

安定的な種苗供給を実現するラナンキュラス塊根の効率的なウイルスフリー化並びに保存方法の確立 2ラナンキュラス塊根の長期保存方法の確立

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R1
年度2019
概要目的:簡易かつ効率的な塊根のウイルスフリー化技術および正常に発芽可能な長期保存技術を確立し、健全種苗(塊根)の計画供給を可能にする。
成果:平成29年6月から、シリカゲルと共に密閉する区(有区)とそのまま風通しの良い場所に置く慣行区(無区)に分けて塊根の保存を開始し、保存期間終了後、発芽率と採花状況を調査した。本年度は、保存期間2年3ヶ月の調査を行ったところ、無区で発芽率が著しく低下したのに対し、有区では生産性の低下が見られず、保存方法の違いによる大きな差が見られた。
研究分担生産環境部門
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265532
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat