農薬残留対策総合調査(後作物残留実態調査) 1コマツナにおけるメタラキシルMおよびフルスルファミド、アミスルブロムの土壌並びに後作物調査

農薬残留対策総合調査(後作物残留実態調査) 1コマツナにおけるメタラキシルMおよびフルスルファミド、アミスルブロムの土壌並びに後作物調査

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~
年度2019
概要目的:地域における栽培体系を踏まえた後作物残留リスクを把握すると共に、農薬が後作物から検出されなくなる農薬の最終散布から作付けまでの日数(PBI)を把握することを主目的に葉菜類を中心に調査する。
成果:コマツナを後作物として、メタラキシルMとフルスルファミド、アミスルブロムの土壌および後作物の農薬残留調査を行った。土壌残留量は、メタラキシルMとフルスルファミド、アミスルブロムともに処理直後、深さ0-10cm画分の残留量が最も高い値を示した。処理直後のデータをもとに土壌中半減期を算出すると、メタラキシルMの適宜かん水区で3.0日、乾燥区で10.6日、フルスルファミドはそれぞれ1.3日、23.6日、アミスルブロムはそれぞれ36.0日、18.7日となった。コマツナの残留量は、メタラキシルMの適宜かん水区で0.04mg/kg、乾燥区で0.13mg/kg検出されたが、フルスルファミドおよびアミスルブロムは、いずれも0.01mg/kg未満となった。
研究分担生産環境部門
予算区分受託(環境省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265541
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat