輸出農作物の安全安心対策 1台湾輸出向け果実等の農薬残留調査

輸出農作物の安全安心対策 1台湾輸出向け果実等の農薬残留調査

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R1
年度2019
概要目的:国内と輸出相手国との間で農薬の残留基準に差があること、また、分析対象部位が異なる場合があることから、青果物を輸出する場合、残留基準値を超過するリスクがある。そこで、輸出用青果物の残留農薬調査を実施する。
成果:輸出用防除暦で栽培した「シャインマスカット」および「小原紅早生」の農薬残留分析を実施したところ、「シャインマスカット」では、カンパネラ水和剤の一成分であるベンチアカルブイソプロピルで、「小原紅早生」では、スターマイトプラスフロアブルの一成分であるシエノピラフェンで台湾の基準値を上回ったが、その他の農薬は、台湾の基準値未満であった。
研究分担生産環境部門
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265557
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat