香川県における効率的なトウモロコシ二期作栽培の検討

香川県における効率的なトウモロコシ二期作栽培の検討

県名香川県
研究機関名香川県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新R1~R3
年度2019
概要目的:県内で、トウモロコシの供給を安定的に行うために二期作栽培の効率的な栽培方法を検討する。
①二期作栽培において、TDN収量が多収となる品種の組み合わせを調査
②二期作栽培の合計収量と一期作栽培の収量との比較調査
成果:①TDN収量は「スノーデント108とスノーデント夏皇」が多く、次いで、「スノーデント125Tとスノーデントおとは」であった。
今後は②について実施する。
研究分担飼料環境
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265646
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat