増養殖技術研究開発事業 (2)魚病対策研究事業                                         

増養殖技術研究開発事業 (2)魚病対策研究事業                                         

県名香川県
研究機関名香川県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H8~
年度2019
概要 養殖業や栽培漁業の発展に伴い、様々な魚病が発生するようになり、近年はウイルス性疾病等の新疾病が増加傾向にある。そこで当該疾病による被害防止を図ることにより、健全な放流種苗や養殖魚介類の安定生産に資するため、養殖魚介類・種苗生産期の魚病に関する研究、新疾病の疫学調査、病原体の解明、防疫手法の確立、また魚病技術者の養成を行う。クルマエビ・その他魚類のウイルス保有検査等を実施し実態把握や健全種苗の放流に努める。
研究分担増養殖
予算区分県単
業績(1)魚病対策研究事業
 クルマエビ類の急性ウイルス血症(PAV)に関する研究

(2)魚病対策研究事業
 キジハタのウイルス性神経壊死症(VNN)に関する研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265673
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat