広域連携型農業研究開発事業 (7)リスク軽減によるサトイモ疫病総合防除対策技術確立試験

広域連携型農業研究開発事業 (7)リスク軽減によるサトイモ疫病総合防除対策技術確立試験

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所企画戦略部・農業研究部
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~R1
年度2019
概要目的:2015年から多発している本病の総合防除対策技術を確立する。
成果:「土入れ」が発病抑制効果があること、有傷接種により発病を助長すること、葉位・品種により感受性が異なることなどの知見が得られ、マニュアルを作成し配布した。
研究分担病理昆虫室
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)サトイモの葉位および損傷が疫病の発生に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265703
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat