果樹園災害復興支援技術開発事業

果樹園災害復興支援技術開発事業

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所 果樹研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新R1~3
年度2019
概要目的:平成30年西日本豪雨により被災した本県果樹産地の復興を図るため、被災園の早期成園化技術や省力化技術、さらには災害に強い園地改良技術を開発する。
成果:流亡園地の土づくりを進めるため、被災園地15か所について土壌分析を実施した結果、すべての園地でECや窒素成分の不足が明らかとなった。また、その他の項目は被災園地によって異なる結果となったことから、園地ごとの土壌分析結果に基づく適正な土づくりが必要である。
研究分担果樹研究センター(栽培開発室)、みかん研究所(育種栽培室)
予算区分県単+国庫補助(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265741
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat