ヒノキ人工林のニホンジカ被害の防除に関する調査研究(鳥獣害対策研究開発実証事業)

ヒノキ人工林のニホンジカ被害の防除に関する調査研究(鳥獣害対策研究開発実証事業)

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所 林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R2
年度2019
概要【目的】
 ヒノキ人工林を対象に、苗木や成木のシカ食害防除資材による食害防除効果及び林木等の成長に与える影響について調査する。
【結果】
 苗木、成木ともに各資材において、シカによる食害はほとんど確認されなかった。苗木の樹高成長については、どの調査地においても食害のなかった苗と各防護資材を設置した苗の間で差が認められなかった。また、苗木の湾曲変形については、傾斜等の地形により結果が異なり、最大約50%湾曲が発生した調査地もあった。
研究分担研究指導室
予算区分国庫補助(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265756
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat