県産構造材乾燥技術研究

県産構造材乾燥技術研究

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所 林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R2
年度2019
概要【目的】
 構造用製材の高温人工乾燥において、強度低下につながる内部割れが発生するケースがあるが、内部割れの程度と接合部強度の関係を明らかにし、適切な乾燥スケジュールを提示、県産材の信頼性向上を図る。
【結果】
 高温セット処理後に温度を下げない乾燥スケジュールでは温度を下げて乾燥させた材と比較して、内部割れが多く生じていることが確認された。さらに、内部割れの長さや面積とせん断強さには相関がみられなかったが、割れの位置によってはせん断強度に影響を及ぼすことが示唆される結果を得た。
研究分担研究指導室
予算区分国庫補助(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265757
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat