新たな養殖品種を利用した水産加工品の高付加価値化研究

新たな養殖品種を利用した水産加工品の高付加価値化研究

県名愛媛県
研究機関名愛媛県産業技術研究所 食品産業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新R2~3
年度2019
概要目的:近年、新たな養殖対象品種として、ギンザケが注目され生産量が増加傾向にある。ギンザケには豊富なDHAやEPAが含まれ、健康志向の食材として注目されている。
そこで、ギンザケの加工残渣である中骨等の食品素材化を検討し、新たな水産加工品の開発を行う。
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265788
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat