養液栽培によるハウスキュウリの早進化多収生産技術の確立

養液栽培によるハウスキュウリの早進化多収生産技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新R元~R3
年度2019
概要目的:ハウスキュウリにおいて、初期の着果を安定させる作型、品種、給液管理、生体情報を活用した環境制御技術よる増収技術と誘引、仕立て方法による省力化技術を確立する。また併せて、促成作型における養分吸収特性についても明らかにする。
 さらなる増収のためには生育量に基づき、適切に環境を制御する技術の検討が必要となる。また、規模拡大のために雇用を主体とした誘引、仕立て方法の検討も必要である。
研究分担先端生産システム第二担当
予算区分国庫補助(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265797
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat