施設ミョウガにおける総合的害虫管理技術の確立

施設ミョウガにおける総合的害虫管理技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R2
年度2019
概要目的:ミョウガに発生するハダニ類、アザミウマ類に対して効果の高い化学的、生物的防除法を明らかにし、これらを組み合わせた総合的な防除体系を確立する。
成果:ナミハダニに対しては、アファーム乳剤およびコテツフロアブルの殺虫効果が高いこと、抑制栽培において、市販天敵のスワルスキーカブリダニ、チリカブリダニおよびミヤコカブリダニのナミハダニとモトジロアザミウマに対する防除効果を確認した。現在、カブリダニ類と併用可能な殺虫剤を明らかにするとともに、カブリダニ類の効果的な利用法を検討中である。さらに、各種天敵類の利用と化学的防除法を組み合わせた防除実証試験を行う。
研究分担昆虫担当
予算区分受託(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265810
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat