残さ処理を核としたナス、キュウリ茎枯れ性病害の防除体系開発

残さ処理を核としたナス、キュウリ茎枯れ性病害の防除体系開発

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R2
年度2019
概要目的:病害の重要な第一次伝染源と考えられている圃場に残った病原菌を殺菌する技術を開発するとともに、生育期間中における新たな薬剤防除技術を開発し、効果の高い防除体系を構築する。
成果:ナスフザリウム立枯病、キュウリつる枯病とも前年の残渣が伝染源となり発病することを確認した。また、ナスフザリウム立枯病に対して効果の高い2種類の殺菌剤を明らかにした。その他、病原菌の主要な感染時期やキルパーを用いた土壌消毒の防除効果について試験を進めている。
研究分担病理担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265820
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat