気候変動および需要に対応した水稲中間母本の育成

気候変動および需要に対応した水稲中間母本の育成

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~
年度2019
概要目的:ゲノム育種技術を活用し、優良形質に関わる遺伝子を早期に集積することで、気象変動の影響を受けにくく、広い用途に応じた中間母本(実用的には不十分だが有用形質を持つ)を育成する。
成果:平成30年度には、富山80号および和高IL2の高温耐性QTLを集積した系統については、立毛調査、玄米品質より24系統(F6)を選抜した。また、ふさおとめ/コシヒカリ由来でQTL解析後代系統より、収量性、玄米品質が優れる和高8を選定した。一方、業務用多収性品種として、早期栽培では‘とよめき’、普通期栽培では‘やまだわら’、‘たちはるか’を有望視するとともに、これら品種を交配親とし葯培養による固定系統から、立毛調査、玄米品質より6系統を選抜した。
研究分担水田作物担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265827
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat