ハウスミカンにおける炭酸ガス施用技術の確立

ハウスミカンにおける炭酸ガス施用技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R3
年度2019
概要目的:ハウスミカンの増収・高品質化を目指した環境制御技術体系を確立する。                成果:12月中旬加温のハウスミカン「上村早生」では、日中に炭酸ガス施用することで果実が大きくなり、「興津早生」では着果率が高くなり、1樹当たりの収量が増加する傾向がみられた。
幹側面からの距離計測センサにより幹肥大の日変化を計測できたが、測定方向により変化のパターンが異なり、樹自身の傾きも含んだ変化である可能性が示された。
研究分担栽培育種
予算区分県単
交付金(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265836
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat