赤潮の早期検知と海水からの病原体の検出技術の開発

赤潮の早期検知と海水からの病原体の検出技術の開発

県名高知県
研究機関名高知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
H29年~R3年
年度2019
概要 【目的】赤潮及び魚病の発生の兆候を早期に検知して漁業関係者に情報提供を行うため、リアルタイムPCR法を用いて海水中の赤潮プランクトン、病原菌を検出、定量する技術の開発を行う。
【成果】本県海域で発生する有害赤潮プランクトン5種の遺伝子検出及び定量技術を確立し、調査結果漁業関係者に広報した。
研究分担増養殖環境課、古満目分場
予算区分国庫
業績(1)赤潮の早期検知と海水からの病原体の検出技術の開発
(2)魚類養殖における寄生虫の新たな防除技術の開発・赤潮の早期検知と海水からの病原体の検出技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265882
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat