3 果樹における品種・系統抵抗性検定及び種苗増殖(事業) 交信撹乱剤を使用したナシヒメシンクイ輸出対応型防除体系の確立

3 果樹における品種・系統抵抗性検定及び種苗増殖(事業) 交信撹乱剤を使用したナシヒメシンクイ輸出対応型防除体系の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新R2
年度2019
概要目的:ナシを輸出する場合、輸出検疫対象害虫であるナシヒメシンクイの防除対策を確実に行う必要があるため、交信撹乱剤と薬剤防除を併用して輸出対応型の防除体系を確立する。
成果:
・慣行防除園に交信撹乱剤を正しく設置することで被害果率を1/10未満に抑制できた(30年度)。
・交信撹乱剤の広域設置と薬剤防除の徹底を組み合わせることで被害果率を0に近いレベルまで削減できたが、モモ園が隣接する圃場では被害が確認された(R1年度)。
今後の取組:
・露地栽培における交信撹乱剤連用による防除効果の確認
・隣接するモモ園にも早期に設置することでさらなる撹乱剤の防除効果の確認
研究分担病害虫部
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265918
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat