2 キクの高品質安定生産技術の確立 1)夏秋期における輪ギク安定生産技術の確立

2 キクの高品質安定生産技術の確立 1)夏秋期における輪ギク安定生産技術の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R2
年度2019
概要目的:「精の一世」の奇形花および開花遅延の発生要因を明らかにし、夏秋期における輪ギクの安定生産技術を確立する。
成果:消灯前後4週間の高温遭遇が奇形花発生に大きく影響し、この期間の夜間冷房(23℃)による奇形花発生抑制効果を確認。
研究分担苗木・花き部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265982
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat