2 麦類の高品質安定生産技術 3)ドローンによる高精度リモートセンシングを活用した高品質栽培技術の開発

2 麦類の高品質安定生産技術 3)ドローンによる高精度リモートセンシングを活用した高品質栽培技術の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~R1
年度2019
概要目的:ドローン空撮画像により穂揃期追肥診断を開発し、子実タンパク12%維持を図る。
成果:ドローンでラー麦圃場を空撮したRGB画像から葉色(SPAD値)の予測は可能である。一方で、3月上中旬のRGB画像から子実タンパク含量を推定することは困難である。
研究分担筑後分場
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265993
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat