「漁場の見える化」による効率的操業の確立

「漁場の見える化」による効率的操業の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県水産海洋技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継R1~R3
年度2019
概要目的:ICT技術を活用し、沿岸漁業のスマート化と若手漁業者を育成する。
計画:漁業者による海況情報等の観測体制の構築と、海況情報の解析とスマホ等による情報の提供
期待される成果:海況予測情報の活用による操業の効率化
成果の受け渡し先:関係団体、本庁水産関係課
研究分担研究・資源環境課
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266003
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat