畑作タマネギにおけるネギアザミウマの効果的防除技術の確立

畑作タマネギにおけるネギアザミウマの効果的防除技術の確立

県名佐賀県
研究機関名佐賀県上場営農センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R3
年度2019
概要目的:タマネギにおけるネギアザミウマの効果的防除技術を確立する。

成果:①室内での感受性検定によりトクチオン乳剤,トランスフォームフロアブル,スピノエース顆粒水和剤,ビリーブ水和剤がネギアザミウマに対して効果が高いことが明らかになった。
②アザミウマの寄生密度が10頭/10株以下の散布試験では,トクチオン乳剤1000倍およびビリーブ水和剤1500倍区で21日以上の残効期間があった。さらに,各種殺虫剤に展着剤ワイドコート3000倍を加用して散布することで残効期間が延長される傾向にあった。
研究分担畜産・果樹研究担当
予算区分国・県
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266035
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat