イチゴの省エネ栽培・収量予測・低コスト輸送技術の融合による販売力・国際競争力の強化

イチゴの省エネ栽培・収量予測・低コスト輸送技術の融合による販売力・国際競争力の強化

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~R1
年度2019
概要目的:当センターでは、コンソーシアム内の研究機関で開発した技術を活用しながら、‛さがほのか’の高品質・高収量生産のための環境制御技術を開発する。
成果:①前年に引き続き、イチゴ‘さがほのか’を用い、CO2濃度400ppmと800ppm、日中加温の有と無の比較試験を実施した。400ppm区と比較して800ppm区では、商品果収量が118%となった。②日中加温試験の結果、2月までの収量で日中加温区は対照区の106%、さらにLED補光を加えることにより対照の135%の商品果収量となった。
③異なる葉温における光と光合成速度の関係は、CO2濃度400ppm条件下において光強度300μmolm-2s-1 以上の時、葉温13℃と比較して18℃で25%以上高くなった。このことから、厳寒期のハウス内における曇りの光条件(光強度300μmolm-2s-1)以上で日中加温により光合成を促進する効果があると考えられた。
研究分担野菜・花き部
予算区分受託
(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266046
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat