土着天敵「タバコカスミカメ」等を利用した野菜類害虫に対する防除技術の確立

土着天敵「タバコカスミカメ」等を利用した野菜類害虫に対する防除技術の確立

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~R1
年度2019
概要目的:野菜類害虫に対して、天敵等と薬剤を組み合わせた総合的な防除体系を確立する。
成果:① アザミウマ類を捕食する能力が高いスワルスキーカブリダニと、ハダニ類を捕食する能力が高いミヤコカブリダニをアスパラガスへ混合放飼した場合の、ネギアザミウマに対する防除効果を室内試験で検討した。その結果、防除効果は認められ、ギルド内捕食による防除効果の低下は少ないと考えられた。②アスパラガスにおけるスワルスキーカブリダニおよびミヤコカブリダニを組み合わせた防除体系のアザミウマ類、コナジラミ類、ハダニ類に対する効果について2019年産現地にて実証を行ったものの、春放飼での効果は判然としなかった。③半促成キュウリにおけるタバコカスミカメとスワルスキーカブリダニを組み合わせた防除体系を現地試験で検討した結果、コナジラミに対する防除効果が認められた。アザミウマ類は発生が少なかったため、効果は判然としなかった。
研究分担環境農業部
予算区分国庫補助(農林水産省)
業績(1)佐賀県のアスパラガス圃場で発生したミカンキイロアザミウマの発生消長および数種薬剤に対する感受性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266047
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat