新規資材の適応試験及び既存資材の施用改善試験

新規資材の適応試験及び既存資材の施用改善試験

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H11~
年度2019
概要目的:新規開発および既存肥料の施肥効果を明らかにする。本年度は①水稲(さがびより)を対象に燐加里減肥肥料(低コスト化)、尿素配合肥料(低コスト化)、全量基肥肥料(省力化)の施肥効果および②タマネギを対象に緩効性肥料の選抜試験(施肥効率化)を実施した。

成果:①燐加里低減肥料の施肥効果を検討し、慣行肥料と同等の生育収量が得られることが明らかになった。3か年目の試験でも懸念される土壌PK含量の低下は認められなかった。尿素配合肥料の施肥効果を検討し、慣行肥料と同等の生育収量が得られることが明らかになった。3か年目の試験でも懸念される葉色低下は認めらなかった。全量基肥肥料の施肥効果を検討し、慣行肥料と同等の生育収量が得られることが明らかになった。早期高温に遭遇した場合には溶出が高まり,出穂期以降の生育が不良となることが懸念されるが,過去2か年の気象条件ではその影響は認められなかった。
②溶出パターンの異なる2種の緩効性肥料を用いてマルチ栽培タマネギの生育収量に及ぼす影響を調査した結果、両者に差はみられなかった。速効性窒素量が初期の吸収量よりも多く含まれることによって,緩効性肥料の溶出状況の違いが直接的には反映しなかったものと考えられた。
研究分担環境農業部
予算区分受託
(民間)
業績(1)溶出パターンの異なる緩効性肥料の施用が中生マルチ栽培タマネギの生育および収量に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266065
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat