気象変動に対応した温州ミカンのマルチ栽培における肥培管理技術改善

気象変動に対応した温州ミカンのマルチ栽培における肥培管理技術改善

県名佐賀県
研究機関名佐賀県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R4
年度2019
概要目的:肥培管理の改善によりマルチ栽培における樹勢維持や生理障害の軽減を図る。
成果:夏肥60%区は他の区より果実肥大が旺盛で、糖度が低かったが、酸含量について処理区間に差はなかった。
②秋肥の施用が慣行施肥時期より遅れた場合、液肥を施用することで樹体へ効率的に窒素を吸収されることが示唆された。
研究分担常緑果樹研究担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266088
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat