佐賀県に適したニホンナシ苗木生産システムの構築を目指した優良苗育成技術の開発

佐賀県に適したニホンナシ苗木生産システムの構築を目指した優良苗育成技術の開発

県名佐賀県
研究機関名佐賀県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R4
年度2019
概要目的:生育を良好にするための台木の選択と需要に応じた苗木の生産システムを構築する。
成果:①ナシ台木のコンテナ育苗では、保水性が高い培土を用いることや培土量が大きくすることで細根量が多くなり、苗丈が高く基部径が大きくなる。②マメナシPc6、ホクシマメナシPbNはどちらもコンテナに播種して育成し、6月に圃場に定植した苗を利用することで、根量が多く接木可能な台木を多く獲得することができる。
研究分担落葉果樹研究担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266094
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat