チャ病害虫発生予察事業

チャ病害虫発生予察事業

県名佐賀県
研究機関名佐賀県茶業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H19~
年度2019
概要目的:チャ病害虫の発生状況を調査把握すると共に、その後の発生を予測し、効率的防除を行う情報として利用することで茶の生産安定を図る。              

成果: 本年は、カンザワハダニの越冬量は少なく一番茶での被害は少なかった。また梅雨明けが遅かったため、二番茶の摘採も順調に進み目立った被害は見られなかった。
炭疽病は、二番茶摘採後、秋芽生育期の感染期に梅雨時期が重なったため、雨の合間に防除を行ったが既に感染していた圃場も多かった。また、新梢枯死症や輪斑病の発生も多かった。
山間地では昨年同様赤焼病が多発し、防除が実施された。また平坦地でも発生がみられた。
研究分担茶樹研究
予算区分県単

国庫
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266111
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat