新たな性選別精液による雌雄産み分け技術の開発 -繁殖性の改善による家畜の生涯生産性向上技術の開発-

新たな性選別精液による雌雄産み分け技術の開発 -繁殖性の改善による家畜の生涯生産性向上技術の開発-

県名佐賀県
研究機関名佐賀県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H27-R1
年度2019
概要目的:初回人工授精までの日数を短縮するため、画像解析の自動化による分娩後の繁殖機能回復の早期化技術を開発する。
成果:超早期母子分離経産牛にPGを投与することで、初回AI日数を短縮できた。また、超早期妊娠判定の正答率は実証試験農家で高い傾向が見られた。
研究分担大家畜部
予算区分県単・受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266112
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat