世界初の制虫技術の確立!害虫忌避診断システムに基づき野菜・花き類の地上地下部を同時に防除

世界初の制虫技術の確立!害虫忌避診断システムに基づき野菜・花き類の地上地下部を同時に防除

県名長崎県
研究機関名長崎県農林技術開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間新R2~R4
年度2019
概要制虫剤プロヒドロジャスモン(PDJ)は、植物防御を多面的に高めて害虫を忌避させる次世代型防除資材であり、すでにアザミウマ類忌避剤として登録のあるトマトでの最適な施用プログラムを構築して普及を推進するとともに、イチゴやキュウリなどでの適用拡大の検討を行う。また、センチュウ類にも効果があるため、野菜・花き類の地上地下部同時防除という画期的な防除システムを確立する。
研究分担病害虫研究室
予算区分国庫(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266240
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat