極短穂型飼料用イネWCSを用いた乳牛の周産期病発生予防技術の開発

極短穂型飼料用イネWCSを用いた乳牛の周産期病発生予防技術の開発

県名長崎県
研究機関名長崎県農林技術開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間新R2~R5
年度2019
概要乾乳期の乳牛に、極短穂型飼料用イネWCSを給与することで、分娩前後に生じる急激な血中総コレステロール値の低下を軽減できるか検討し、周産期病発生予防に役立つイネWCSの給与技術を確立する。
研究分担畜産研究部門
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266250
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat