収量要因の解析結果に基づく品種と増枝によるトマト増収技術の確立

収量要因の解析結果に基づく品種と増枝によるトマト増収技術の確立

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R2
年度2019
概要目的:環境制御下における更なる生産力向上のため、既存品種より生産力の高い品種導入や、増枝(脇芽を伸ばし茎数を確保する)による増収技術を開発する。
成果:既存品種より果実肥大に優れる品種、花房出現回数の多い品種を用いて、多収要因を解析した。また、効果的な増枝の密度及び作業適期を明らかにした。
研究分担農産園芸研究所 野菜研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266297
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat