AIやICT技術を活用した周年親子放牧による収益性が高く低コストな子牛生産技術の開発

AIやICT技術を活用した周年親子放牧による収益性が高く低コストな子牛生産技術の開発

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~R2
年度2019
概要目的:ICTを活用して、放牧牛の個体管理(発情観察や安否確認)ができる技術を開発する。
成果:新規に開発した体重自動計測システムを水飲み場に設置したところ、馴致等が必要であったものの、正確な体重測定を行うことが出来た。GPS位置監視システムでは、最大30mの測定誤差が生じた。
研究分担草地畜産研究所
予算区分革新的技術開発・緊急展開事業(外部資金)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266351
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat