農用馬の安全で省力的な繁殖管理技術の開発

農用馬の安全で省力的な繁殖管理技術の開発

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~R3
年度2019
概要目的:生殖器の変化を基にした交配適期の検討による人工授精受胎率の向上を図るとともに、体温や体動の変化を測定し分娩予測の可能性を検討する。
成果:卵胞の直径が40mmを超え、排卵窩が十分に開口した状態で人工授精を行うと高い受胎成績が期待できる。焦電センサーにより分娩前の体動を測定することが可能であった。
研究分担草地畜産研究所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266352
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat