土壌由来温室効果ガス計測・抑制技術実証普及事業関連情報の体系的整理

土壌由来温室効果ガス計測・抑制技術実証普及事業関連情報の体系的整理

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~R02
年度2019
概要目的:
①日本の温室効果ガス総排出量抑制のための農業分野での貢献値を評価するために、土壌炭素蓄積による温室効果ガス値算定の基礎となる土壌データを収集する。
成果:
①有機物の投入量が多いほど、土壌炭素含量は多い傾向が見られた。特に、有機物の投入量が多い施設野菜などでは、土壌炭素含量が高かった。
研究分担土壌・環境チーム
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266415
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat