夏秋ピーマンにおける天敵を主体とした害虫防除体系の構築

夏秋ピーマンにおける天敵を主体とした害虫防除体系の構築

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R02
年度2019
概要目的:
①天敵を主体とした栽培期間を通じた防除体系を構築し、コスト増加と被害発生を未然に防ぐことで、大分県産ピーマンの安定生産と産地の維持発展を支援する。
成果:
①天敵温存植物に誘引される生物種を調査した。クレオメとゴマで天敵のタバコカスミカメの誘引が8月中旬から確認された。
②防除体系構築においては、ソルゴーをバンカープランツに用いることで、圃場内のスワルスキーカブリダニの増殖が増強された。
③県内の夏秋ピーマン産地におけるアザミウマ類の薬剤感受性検定を実施した。
研究分担病害虫対策チーム
予算区分県 単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266421
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat