「赤採りトマト」の周年供給体制の確立

「赤採りトマト」の周年供給体制の確立

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~R01
年度2019
概要目的:
①「赤採りトマト」のブランド力を向上するために、食味および出荷量を安定化するための生産技術を確立する。
成果:
①葉数および着果数管理をすることで糖度の安定が可能となった。
 後期にわき芽を増やす整枝法により、出荷の平準化が可能になった。
 また、ダブルベンチ栽培システムを活用して年4~5作栽培することで、目標の約30t/10aの栽培技術が確立された。
 新品種「麗月」の収量・品質性の調査により、裂果に強いことが判明した。
研究分担果菜類チーム
予算区分県 単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266427
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat