イモ類の産地拡大に向けた生産安定技術の確立

イモ類の産地拡大に向けた生産安定技術の確立

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間新R01~R03
年度2019
概要目的:
①高糖度カンショ「べにはるか」にについて省力的な育苗・挿苗技術の確立、機械収穫を可能とするための藷梗ついての処理技術を確立する。
②サトイモについて全期間マルチ栽培での収量向上技術を確立する。
成果:
①カンショ栽培における小苗の活着率は100%であった。
②サトイモの全期間マルチ栽培では「ハスバ」の収量が多かった。
研究分担葉根菜類・茶業チーム
予算区分県 単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266434
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat