8.宮崎方式ICM技術を核としたICT活用による施設園芸省力・高収益生産体系の確立

8.宮崎方式ICM技術を核としたICT活用による施設園芸省力・高収益生産体系の確立

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間平28~令元
年度2019
概要大型次世代施設の気温等は従来の施設と異なり,畦表面から1.5mの高さが最も気温が高くなるなど、わずかなセンサー設置高の違いで正確なデータが得られない。また,大規模施設では暖房機の除湿効果は顕著ではないが,暖房機が稼働しているときには,湿度が95%を上回ることはなく,病害防除のための除湿効果が期待できることを明らかにした。
研究分担生物環境部
予算区分受託(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266544
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat