9.中山間地域振興のための地域特産JAPANブランド花きの輸出拡大を目指す総合生産体系の確立

9.中山間地域振興のための地域特産JAPANブランド花きの輸出拡大を目指す総合生産体系の確立

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間平28~令元
年度2019
概要・ラナンキュラスにおいて県内の生産地で感染が見られるRanMMVについて、試験管内茎頂培養植物体のウイルス検定により、ウイルス感染植物体を早期に除去する技術体系を確立した。
・防虫ネットで被覆し、ウイルスの感染を防止する環境でラナンキュラスの球根を育成できることを明らかにした。
・球根腐敗の原因菌とその対策を明らかにした。
・ラナンキュラスに対する炭酸ガスによるくん蒸処理において、処理温度および時間と殺虫効果の関連を明らかにした。
研究分担生物環境部
予算区分受託(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266545
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat