1.奨励品種決定調査及び原々種生産1)水稲奨励品種決定調査 2)麦類の奨励品種決定調査 3)大豆の奨励品種決定調査 4)水稲の原々種生産 5)大豆・そばの原々種生産

1.奨励品種決定調査及び原々種生産1)水稲奨励品種決定調査 2)麦類の奨励品種決定調査 3)大豆の奨励品種決定調査 4)水稲の原々種生産 5)大豆・そばの原々種生産

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間昭28~
年度2019
概要1)早期水稲は「宮崎51号」、「越南258号」の2系統、普通期水稲は「南海185号」、「南海187号」、「えみだわら」の3系統について本試験にて調査し、「南海187号」、「えみだわら」を継続検討とした。
2)令和元年産小麦は、パン用硬質小麦として「西海204号」、「ちくしW36号」を予備調査に供試し、継続検討とした。大麦・裸麦は、予備調査に「クスモチ二条」、「ダイシモチ」、「キラリモチ」を供試し、いずれも継続検討とした。
3)九沖農研センター育成の3系統と「四国31号」を「フクユタカ」を対照に検討し、いずれも継続検討とした。
4)原々種生産は、水稲7品種30aの原々種圃を設置し、原種圃用に必要な種子を生産し配布した。
5)大豆「フクユタカ」15.5a、「キヨミドリ」6.2a、そば「宮崎早生かおり」6.3aの原々種圃を設置し、種子を生産し配布した。
研究分担作物部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266564
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat