8.中山間地域における種苗安定供給を含めた野菜花き産地育成・拡大技術確立

8.中山間地域における種苗安定供給を含めた野菜花き産地育成・拡大技術確立

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間令元~令4
年度2019
概要トマト及びミニトマトの雨よけ栽培において、昇温対策(自動換気装置)及びCO2施用による、夏秋期の安定生産技術について検討した。・自動換気装置を設置した施設の群落内の気温については、慣行施設の群落内よりも温度上昇が遅くなる傾向が見られた。・CO2施用区は、対照区と比べ葉(最上位花房下の葉)がやや長くなる傾向が見られ、Brix.もやや高い傾向がみられたが、大きな差はなかった。
研究分担野菜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266581
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat