9.収量の安定・多収化や経営の大規模化を実現するためのキュウリ養液栽培技術の確立

9.収量の安定・多収化や経営の大規模化を実現するためのキュウリ養液栽培技術の確立

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間令元~令5
年度2019
概要慣行の促成栽培に夏秋栽培を組み合わせた周年栽培を実施し、必要な給液量や濃度の推移を把握した。また、養液栽培における「耐病光華」「常翔661」の葉面積推定式を得るとともに、その特性について解析した。栽培技術として仕立て本数について検討したところ2本仕立てが4本仕立てに比べて収量は同等以上であることを確認した。
研究分担野菜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266582
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat