5.中山間地域振興のための地域特産JAPANブランド花きの輸出拡大を目指す総合生産体系の確立

5.中山間地域振興のための地域特産JAPANブランド花きの輸出拡大を目指す総合生産体系の確立

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間平28~令元
年度2019
概要①被覆ネットの違いがウイルスフリー苗の生育に及ぼす影響ハウス内にて、色・目合いの異なる3種類の防虫ネットをトンネル状に被覆した環境下でウイルスフリー苗の生育に及ぼす影響ついて調査を行った。また、防虫ネット被覆下での生育では、養成した球根が小さくなる傾向があったため、定植日を早め、生育への影響調査を行った。その結果、定植日を早めると、欠株数が多くなった。
研究分担花き部
予算区分国庫補助(農水)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266588
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat