7.「チーム宮崎」で挑むみやざきブランド総合力発揮支援事業

7.「チーム宮崎」で挑むみやざきブランド総合力発揮支援事業

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間平30~令2
年度2019
概要1)完熟キンカンの高品質果実生産技術の開発完熟キンカン栽培において、LEDを11月中旬から収穫の2月まで果実から上部50cmの高さに設置した結果、ビタミンEが無処理区よりも有意に高く維持されることが示唆された。2)ブドウ「サニールージュ」の着色向上技術の開発「サニールージュ」において、昼間に果房散布または、夕方に散水を行うことで、無処理区よりも着色が向上する傾向がみられた。
研究分担果樹部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266607
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat