4.消費者ニーズに応える宮崎発フローラルティの開発

4.消費者ニーズに応える宮崎発フローラルティの開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間平28~令元
年度2019
概要当支場とカワサキ機工(株)とで共同開発したドラム式萎凋機を用いて、紅茶の製造法について検討した結果、棚式乾燥機による発酵止めは給気温度130℃程度が適することを明らかにした。また、新たな萎凋技術として振動技術を活用した方法について検討した。品種育成については、新香味茶用品種の開発を目指し、9,284花を交配するとともに、2018年に交配した4,115粒を播種した。また、個体選抜段階の500個体について新香味茶適性を調査した。
研究分担茶業支場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266624
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat