6.煎茶の輸出を可能とする防代体系の確立と実証

6.煎茶の輸出を可能とする防代体系の確立と実証

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間平29~令2
年度2019
概要各地域の防除体系化で生産された煎茶の残留農程度を調査して、煎茶輸出用の防除体系を検討した。また、カンザワハダニ、チャノミドリヒメヨコバイについて、要防除水準の検討を行った。また、ミノガの発生が増加していることから、7薬剤について防除効果を確認した結果、高い効果があることを確認した。
研究分担茶業支場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266626
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat