1.宮崎の気象条件を活かしたアボカド導入のための技術開発 1)アボカドの優良品種の選定 2)アボカドの優良種苗生産技術の開発 3)アボカドの生産安定技術

1.宮崎の気象条件を活かしたアボカド導入のための技術開発 1)アボカドの優良品種の選定 2)アボカドの優良種苗生産技術の開発 3)アボカドの生産安定技術

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間平30~R4
年度2019
概要1)施設栽培では、樹齢4年生において「リード」及び「ハス」が結果した。
2)挿し木繁殖では、7月や9月よりも5月の方が発根率が高いことが確認できた。
3)開花期間中である4月下旬の新梢先端摘心や5月下旬の植調剤の散布では、結果促進効果は見られなかった。
研究分担亜熱帯作物支場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266632
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat