「宮崎牛」のおいしさの見える化試験

「宮崎牛」のおいしさの見える化試験

県名宮崎県
研究機関名宮崎県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新R1~R3
年度2019
概要 官能評価試験の結果、宮崎牛、交雑種・乳用種の間で有意差が認められたが、宮崎牛における給与飼料及び種雄牛の違いで有意差は認められなかった。また、理化学分析(融点、粗脂肪含量及び剪断力価)や牛肉表面の画像解析(ロースの脂肪面積割合、あらさ及び細かさ)の結果、官能評価試験と同様、品種間で有意差がみられたが、給与飼料及び種雄牛の違いで有意差は認められなかった。
 メタボロミクス解析による成分分析の結果、品種間で成分に特徴がみられ、給与飼料の違いでも成分に特徴がみられることが示唆された。
研究分担肉用牛部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266647
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat