省力化を担保した丈夫な乳用後継牛を育成する高度哺育プログラムの開発

省力化を担保した丈夫な乳用後継牛を育成する高度哺育プログラムの開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R2
年度2019
概要 高度哺乳プログラムの開発により、酪農家の乳用子牛哺育管理技術を向上させることで、育成基盤の回復と酪農の生産性向上が期待される。
研究分担酪農飼料部
予算区分受託(農研機構)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266653
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat