地域資源型養豚畜産経営確立試験

地域資源型養豚畜産経営確立試験

県名宮崎県
研究機関名宮崎県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~R1
年度2019
概要1 ガラスポット中に堆肥を入れ臭気センサーにより測定した臭気指数相当値により、アンモニアガス濃度や酸素消費量が推定され堆肥の腐熟度の簡易判定に有効であることが示唆された。
2 バイオガス消化液は臭気低減やBOD低下がみられ飼料作物や食用米での代替え効果が高かった。
研究分担川南支場環境衛生科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266671
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat